文理の選択

塾生には、高校一年生の6月、ちょうどこの時期にお話しすることがあります。 文理の選択についてです。 志望校や志望学部を決定するための前準備の話。 法学部、経済学部、商学部、文学部は文系。医学部や工学部は理系です。 文系を選んでから工学部を志望することは無理とは言いませんが、...

私立大学の定員厳格化とコロナショック

最初に申し上げますと、私大の定員厳格化とコロナショックは全く別の話になります。しかし、両者は互いに影響し合い、大学の難易度(偏差値)に作用しています。 まず、定員厳格化についてですが、下の数字のように2016年以降、毎年定員をオーバーする率の上限を下げてきた訳です。...

予備校を選ぶ最後のポイント3つ

1.通学時間はどうか。 通学時間片道30分(往復1時間)の場合と、通学時間片道1時間(往復2時間)との場合を比較すると、年間250日通学するとすれば、250時間の差が生じることになります。毎日の1時間がこのくらい大きな時間になるということを意識されてるでしょうか。この250...

対面授業について

オンライン授業や録画授業はかなり以前からあったものですが、今般のコロナ禍で、その存在が大きくなったのは事実でしょう。しかし、こんな状況の中で現場に従事する話し手たちが異口同音のことを言います。やはり対面で話すことが大事ですと。...

受験までの勉強のやり方、時間の使い方について

受験勉強とは時間との闘いです。これは間違いありません。 一方、暗記しなければいけない科目・項目は早い時期に覚えても忘れてしまうので受験間際にやらなければならない。こちらは100%間違いです。時間の掛かる科目と言われている英語を例に考えてみましょう。 【単語の暗記】...

私立理系について

私立における理学部や工学部、農学部、医療系の医学部医学科、看護科、薬学部、歯学部等ということになります。国公立理系のところでお話しましたが、理系学部は実験を実習しなければなりません。ですから、どうしても経費を国や地方公共団体が負担してくれる国公立大学にメリットが多くなるのが...

私立文系について

私立文系の代表的な学部は、法学部、経済学部、商学部、文学部などですが、近年、国際・・・学部やグローバル・・・学部など多様な学部が設置され、学部の数においても人数的にも最も大きな集団です。受験科目については、英語、国語(現文・古文)、地歴・数学(日本史Bか世界史B、もしくは数...

国公立理系コースのクラス分けについて

国公立理系(主に工学部・理学部について)の特色は二点あると考えます。 まず一点目、難度の高い理数科目に取り組まなければなりません。これは理系と呼ばれるので当然かも知れません。しかし、数Ⅲは理系にしかありませんし、理系の理科、いわゆる理科発展は質量共にかなりのものです。これに...

国公立文系コースのクラス分けについて

難関大学とは=偏差値の高い大学。間違いではないでしょう。 しかし、ここでは問題の質について書いていきたいと思います。 まず、国公立文系(法学部、経済学部、商学部、文学部 等)の難しさとは記述問題が多く出題されるという点です。国語の記述、英語における英作和訳、地歴の論述問題。...

播磨予備校 高卒生(浪人生) 時間割とコース

・難関国公立大コース(阪大、九大、名大、東北大、北大) ・標準国公立大コース ・難関私立大コース(関関同立、MARCH) ・標準私立大コース 以上が団体授業のコースメニューです。そして、医学部医学科、東大、京大、一橋、東工大、早稲田、慶応、上智(英文科)、ICUの各大学は特...

中・高生達が望むもの

正式にアンケートをとった訳ではありません。 我々が考える受験生が望むもの。 1.理解し易い授業 2.いつでも質問できる環境 3.時間を気にせず自習できる空間 4.受験に関する情報 以上の4つ。どうでしょうか。 その1に関しては、どうぞ播磨塾の体験授業を受けてください。...

グローバル化とどう向き合うか

昨年末にグローバル化についてコメントしましたが、今回はどう対処したらいいかを考えてみましょう。グローバル化という流れは良いことなのか、悪いことなのか。もちろん両方の側面があります。ここではどう対処するかということですから、当然、我々にとってマイナス面について考えて行きたいと...

謹賀新年

新年、明けましておめでとう御座います。 播磨塾の冬期講習会が一段落し、本日より受験生は次の講習へ移ります。 2020年、令和二年はコロナ禍、オリンピック中止など大変な年でした。そして、教育業界においても2021年1月、初の共通テスト実施という大きな節目を迎えます。これらの事...

グローバル化

ここ数年、秋の推薦入試でグローバル化がテーマになることが多くなってきています。 「グローバル化」漠然とした言い方になってしまいましたが、では、グローバル化とはいったい何でしょう。国際化とは少し違うと思います。 国際化とは、国が存続していくことが前提ですが、グローバル化とは国...

過年度生 浪人生

浪人という言葉は古い。デリカシーが無いという話ではありません。 バブルの頃、30年程前は決められた期限内に達成しないと、たとえ達成しても価値がないと言われたものです。しかし、ここ5年くらい企業側からの声は時間が掛かっても目的を達成する人、目標に向かって最後まで努力する人が欲...

兵庫県 公立高校入試

平成28年度 11人(0.0%)  27048人中 29年度 118人(0.4%)  26563人中 30年度 13人(0.1%)  25885人中 31年度 38人(0.2%)  24469人中 令和 2年度 64人(0.3%)  23653人中...

受験校を決定するには

公立高校の受験の原則は、内申点半分、当日の試験半分。 これは、2月の試験も3月の試験も同様で、よく、2月の推薦試験は内申点の割合が低く扱われると言われますが、それは誤った情報という事になります。 これから中学校で進路についての面談があると思うのですが、その際には必ず数字によ...

中学3年生の皆さんへ

内申書に注力する時期は終わりました。これからは本当の実力を身に付ける事のみが目的となります。私立や公立の推薦試験まであと2ヶ月、公立の本試験まで3ヶ月です。2ヶ月あれば中学生で学んだ内容の総復習が十分可能です。真の実力を身に付け、更なる前進を目指す3年生は、是非、播磨塾の冬...

勉強は楽しいものです。

学力の低下、今や日本国家の課題になってしまいました。 これまで発展途上国と呼ばれた国々は頑張っています。 今まで勉強をする場所さえ持たなかった人々が、日本を追い越そうと努力しています。 しかし、こんな難しい話とは無縁のところにいるのが子供たちです。...

大学受験生へ

年が明けると、初の共通テスト、私立の一般試験、その後まもなく国公立の2次試験です。入試のシーズンがやって来ました。しかし、忘れてはならないのは、 このラストスパートの時期、受験シーズン真っ只中でさえ急激に力を付ける人がいるのです。志望校の効率的な対策により現状からの逆転は十...

1
2