受験校を決定するには

公立高校の受験の原則は、内申点半分、当日の試験半分。

これは、2月の試験も3月の試験も同様で、よく、2月の推薦試験は内申点の割合が低く扱われると言われますが、それは誤った情報という事になります。

これから中学校で進路についての面談があると思うのですが、その際には必ず数字によって判断して頂きたいと思います。いろいろと悩まれるでしょうが、試験は点数によって決まるものであり、この時期の数字による分析は最も大事なことと言えるでしょう。

内申点の計算。これについては学校で説明がなされたものと思います。(教育委員会の入試情報をご覧ください。)そして、当時の入試においてどのくらいの点数を取ればよいのか。これは、学校により偏差値の基準に差が出ますので確実な判断は難しいのですが、偏差値を利用し逆算する方法が1番だと考えています。姫路市内の中学校の偏差値の差異は把握しておりますので、もし、ご自身の持ち点、正確な偏差値をお知りになりたければお気軽にお問い合わせください。



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示