中高一貫校

教育機構

中高6年一貫プログラムの特徴

​6年後の目標は何か

6年間という一続きの時間を特定の領域に特化し、深く、高度に追求する事が可能な教育システム

図書館での読書

標準コース Higher Intermediate

サポートと導き

中高一貫校のカリキュラムは非常に練達したものであり、学習量も膨大です。播磨塾では、学校で行われている学習内容を正しく理解する為のプログラムを用意しています。
大学入試には目標に見合った学習が必要となり、志望校決定の後には、夫々の大学に向けての指導を行っております。

数学の宿題
 
理系学生

6年制の定期テストに対する播磨塾の所見です。

最後までお読みください。

6年制の学生にとっての定期考査とは。この問いに答えるには、まず6年制全体のフローチャートを見つめる必要があります。

6年制私立高では基本的には公立よりも一年先の内容を学び、高校入試はなく、学校側は高校2年生までに、ほぼ高校での学習内容を終えるように計画しています。ですから、高校3年生の一年間は全てが受験勉強のために確保されている訳です。

この大学受験までのフローチャートを考えると、高校3年生はもちろんのこと、高校2年生までの定期テストにおいてさえ、目先の点数だけにこだわって勉強するのは本来、得策とは言えません。一歩一歩、確実に理解を深めることの方が大事であると思われます。

しかしながら、6年制と一口に言っても偏差値・カリキュラムにおいて様々であり、また、同じ高校であっても選ぶ受験形態によって、定期考査に対する姿勢も変わってくるものです。

上記の理由によりここでは所見を、それぞれの方が選ばれる受験形態別に述べることとします。



≪学力テストで大学合格を目指す方へ≫

高校3年生の一年間を受験勉強に投入できる。これは、難関大学を目指す方にとっては、実に有利な環境です。この公立高校に対しての一年分のアドバンテージを考えると、目先のことよりも理解を深めることに注力すべきと思われます。

しかしながら、6年制の学校には、学年ごとあるいは中学3年生から高校1年生に上がる時に、クラス替えがあるものです。こちらも、中学生活、高校生活、そして、大学入試にとって実に大切なことです。では、実力をきっちりと身に付け、かつ、クラス替えで希望のクラスに編入されるためには。漠然とした表現に聞こえるかもしれませんが、定期考査の前に、その都度その都度、目標を明確にすることです。例えば、数学のテスト範囲が難しいと予想されたり、あるいは、入試での頻出のテーマがあるなら、数学にいつもより多くの時間を割き、入試レベルまで克服してしまう。また、理科や社会については入試に用いるかどうかによってメリハリをつける。そして、いよいよクラス替えのために点を取る必要がある場合には、目標を定めて考査の素点そのものを取りにいくのです。播磨塾は、この様にその生徒個人の置かれている状況に応じて、指導しています。

6年制の学校の定期考査の特色とは、一概に言うのは難しいですが、範囲が広く難問が含まれていることでしょう。そしてこの広い範囲が、学年が上がるとより広くなり、高3になるまでには消滅するというのが大方の流れです。

播磨塾ではテスト範囲が明確な間は、生徒とテスト範囲を共有し、テスト対策を行っております。また、広い自習室で心行く迄、自習して頂けるよう環境を整えています。この自習の際、テスト勉強に関する質問を可能な限り受け付けています(今まで、時間切れで受付できなかった事例はありません)。そして、テスト範囲がなくなり、定期考査が実力テストになると生徒には受験勉強のメニューをこなすように指導しています。試験の後は、テスト範囲がある時も、無いとき

も、見直しあるいは理解できなかったところの解説を行っています。これは6年間継続すべきものと考えています。定期テストは学校の先生方が明確な意図をもって作成されたもので、とことん有効活用すべきものと捉えています。



≪指定校推薦を目指される方へ≫

公立高校に比べて、指定校推薦の枠が多いのも6年制の私立のメリットです。こちら側のニーズも当然、多く存在する訳です。指定校を目指す方にとって定期考査は大学入試の一部です。一点でも点を多くとることに注力すべきです。こちらは、事前の対策が重要ですので、準備に力を入れています。しかし、この場合でも考査後に、見直しをすることは大きなプラスになるので、同様にテスト直しを継続的に行っています。



≪AO入試にトライされる方へ≫

AO入試とは、指定校推薦に近い形態で内申書のウェイトの大きいものからその名の通り特技をアピールするという試験までを指す多様な受験形態の総称です。

このように多種多様な試験なので事前にどの大学のどんな試験を受験されるのかをよく伺ってからお引き受けることとしています。例えば、体育系のAO入試を受験される方に播磨塾がお手伝いできることがあるとは通常思えません。しかし、その試験の中に英語があるということになると、その英語の入試問題を検討の上、指導させて頂くことにしております。AO対策として現在、現代国語、小論文、面接、数学、英語の教科を開講しています。


定期考査に対する考えは、指定校推薦に近い入試形態の場合、当然、点数そのものに注力することになります。これに対し、特技をアピールするタイプの試験を利用される方には、内申書が受験のための点数を十分に満たしていると判断した場合には、特技を伸ばすための指導を行っています。


以上、大きく3つに分けて、説明致しました。不可能なケースははっきりとお断りする場合がございます。検討の上、可能と判断した場合、全力で合格目指して伴走する所存です。

 
エキスパートに尋ねます

播磨塾の特別コース

Advanced

播磨塾のユニークな教育を通して、学生たちは学業面でも生活面でも成長を遂げることができるでしょう。
残された学生生活で特に取り組みたいテーマを決め、徹底的に探求し習得する。詳しくはお問い合わせください。