中学生の夏期講習

中学3年生

高校受験は中学3年生になった瞬間に始まっているものです。これは漠然と『心』の持ち方を言及している訳ではありません。公立高校の入試はご存じの通り、半分が内申点です。ですから中学校での定期考査はその内申点を決定するので、ルール上高校受験していることになると言う意味になります。そして、二学期になると学習内容はどの科目も高度なものになります。1年生、2年生の基礎の理解を欠いたまま、3年生の二学期を迎えると、いくら努力しても成績が伸びないという状況が生じるのです。このようなことの無いように、この夏、しっかりと1、2年の内容を復習すべきなのです。次に、その内容がすでに習得できているという人は、あらゆる難問に挑戦し、高度な読解力や思考力を問われる高校入試に対応した講義を通して、更なるスキルアップを図べく、中3の夏は『播磨塾の夏期講習』で大きく飛躍してください。

HD080_350A.jpg
HD133_350A.jpg

中2生・中1生

​中学1年生・2年生は自分の能力を発見し、伸ばす時期です。学校の勉強の復習をしっかりしたうえで、攻めの勉強をするのはどうでしょうか。様々なことに興味を持ち学問的に考察できるようになれば勉強は楽しくなるものです。1年生・2年生の間に広い視野を持ち、余裕を持って高校受験を迎えましょう。この夏、自分自身の隠された能力を探し出し可能性を広げてください。播磨塾がそのお手伝いをします。

当校の活動についてもっと詳しく知りたい方は、お問い合わせください。

問い合わせ