top of page

高校一年生へ

 これから高校生活の始まる高1生の皆さんへ、当たり前のことを何を今更、と思われることを覚悟して話をします。まず、皆さんは入学試験を受けて無事合格され高校へ入学されたわけです。ですから、高校では中学の時と比べると自分より大きく劣る人は基本的にいません、そして、学力上位の人も中学時に比べるとそんなに居ないはずです(その地域ナンバー1の高校で上位から下位まで差がある場合は例外ですが)。ということは、努力次第では中学の時より簡単に席次を上げれるはずですし(これも地域ナンバー1の高校は例外です)、逆に少しサボると簡単に転落してしまいます。  中学時にあまり勉強しないで、公立の上位校に合格できた人達に申しあげます。勉強しなくても合格できたのだから楽勝、これはありません。何故なら、高校の学習量は中学に比べて遥かに多いからです。そして、上位校では予習することが授業をクリアするための前提になっています。つまり、予習しなかったり、休んだりすれば、直ぐに遅れをとってしまうことになります。  高校時代は楽しいものです。しかし、本来高校とは勉強するところであり、勉強面の充実なしに楽しいというのはバランスを欠いた状態と言えるでしょう。学校の勉強についていくためのスタイルを確立することが必要です。この学校の勉強についていくという意味は平均点を取っているという意味ではありません。予習復習ができているという姿勢の意味でもありません。学習内容が身についているかどうかという意味です。1年生・2年生の間無理なく学習内容をこなし、3年生で受験勉強に集中できれば、難関大学も難関でなくなるはずです。



閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2 Post
bottom of page