top of page

大学入試における戦略の必要性

 現在の大学入試制度の下では、志望大学志望学部を決定した後、もう一つ考えなければならないことがあります。その学部をどんな試験で合格を目指すのか、つまり、入試形態を考えなければなりません。 三十年前までは、このような思案は必要ありませんでした。 各学部に試験は原則1回だったため、迷う必要が無かったのです。


しかしながら、現在は受験の種類が多岐にわたり、毎年新しい入試形態がどこの大学にも生まれているという状況です。


 このような多様な入試形態の中で、合格を勝ち取るためには、自分にとって有利な入試形態を選び、それに向けて戦略的に勉強することが重要です。 自己分析をしっかり行い、自分の強みや興味に合った大学を見極めることも大切です。


 大学入試は一つのゴールですが、それを達成するためには入試制度に対する理解と戦略の立案が欠かせません。 自身の能力や志向性を活かしつつ、入試形態に合わせた準備を進めることで、より自分らしい未来への道を切り拓くことができるのです。



閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page