二月のエール

志望する大学に合格するためには、その大学に合格するための勉強メニューが存在します。仮にその全体を100とします。これを20ヶ月でやりとげようとすると、単純計算で1ヶ月当り5すればいいことになります。しかし、10ヶ月で終えようとする場合、10消化しなければなりません。また、20ヶ月の計画は軌道修正が可能ですが、10ヶ月のプランの場合は目いっぱいであることが多く、変更は難しいでしょう。このような簡単なシュミュレーションを皆さんも1度行ってみてください。そして、試しに一日中勉強付けになってみてください。なかなか思うほど勉強できないものです。そうすれば、受験勉強は早く始めた者が勝つということ、自分にとってどんな助けが必要なのか、ということが理解できます。自身の未来と重ね合わせてイメージしてみてください。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示